FC2ブログ

ワーキングばあ、ちょっとダウン。

少し前から夜になると頭がフワフワしてて、ありゃ気をつけないと目眩起こすかもとは思っていましたが日中は至って元気でした。

先週日曜夜、息子とY君を自宅まで送り、さあ明日は休みだと開放感味わいながら眠りにつきました。
夜中トイレに起きたとき、あら何か嫌な感じと感じながらもそのまま朝まで寝ました。
が起きてからやっぱり目眩。
さほど酷くはなく、フワフワフラフラ。

おまけにじいまで風邪がなかなか治りきらないどころか悪化してるし。
この日Y君連れてママのお見舞い行く予定でしたがパスし、じいは近所の病院へ、私は動くとひどくなりそうだったから目眩の薬をじいについでにお願いし、ひたすら寝ました。
結局この日はY君のお迎え行けず、息子に定時上がりしてもらいました。

夜になっても回復しないし、まるで食欲もなく、で明日(火曜)の仕事へ行く自信がなく早めに同僚さんに交代をお願いしました。
火曜日は少しは家事をと思うも、やはり動けず、引き続き食欲無し。

風邪のじいに買い物やら色々やってもらう始末。
この日も結局Y君お迎え行けず。

同僚さん達からは
疲れてるのよ、明日も出るから休んでいいよと何とも有難いお言葉。
に直ぐ甘えてしまうほど自信無しでした。

さすがに三日目の水曜はお昼頃にはかなり復活。
明日(木曜)だけ仕事行けば金土は元々休みだしとちょっと調子乗って午後からリハビリ兼ねてママの洗濯物届けに行きました。
普通に動けたのだけど夕方Y君のお迎え行き、抱っこをせがまれ抱こうとしたら又フワフワ。
この日は早く帰って来てた娘が同行してくれてたので何とか大丈夫でしたが、あれれ明日仕事出来るかなと、ちと不安に。
明日行って、結果早退なんてなったら余計迷惑かけるかなぁと、代わって下さるというとっても有難い同僚さんに又々甘えてしまいました。

さて木曜、やっと洗濯物など家事が普通に出来、お腹もグーグー鳴るほど復活。
なのにじいの風邪益々悪化。
微熱が下がらない、咳も酷くなってる。
又入院なるかも⁉️の思いがよぎり、かかりつけの大学病院に電話。
ちょうど主治医の先生が居る日で診てくれると。
前回の反省を踏まえ今回はちゃんと入院準備持って行きました。
病院着いて看護士さんと問診してる間、あれ?何かパパ変❗️(私や看護士さんの話が聞こえてない?)
又だぁ、やっぱり入院準備してきて良かったと思いながら、看護士さんが用意してくれた車椅子で処置室へ移動。
念のためにとインフルエンザやマイコプラズマ肺炎の検査も。
その時に看護士さんがもしかしたら脱水症状起こしかけてるかも?と。
水分摂って横になってるうちにみるみる正気になってきたパパ。
尿検査のためトイレ行くもおしっこ出ず。
(結局この日はうちに帰って夜になってやっと出た)
胸のレントゲンも普通に行き、難なく撮影。
又処置室で少し待ち、出揃った検査結果見ながら主治医先生の診察受けました。
結果はさほど心配な数値は出ておらず肺炎でもない。
移植後は全体的に血球が低いから、ちょっとした風邪でもこうなりやすいみたいです。
それでも私は不安だったので
先生入院しなくて大丈夫ですか?今日は入院準備してきたんですけど
と食い下がりました。

すると先生は前回と違うのは好中球の値がかなり上がって来てるので(前回はそれがかなり低く、先生は入院を勧められた)入院するほどではないですね、と。

病院着いた時点でのちょっと朦朧としたじいの様子に絶対入院だと思った私はもしかしたらY君お迎え無理かもと思い早々に家族ラインでみんなに多分入院と知らせてありました。

何故かじいは勝ち誇った様に
だから大丈夫って言ったじゃん、前とは何か違ったもん‼️ 入院って言われてからラインすればいいのにぃと。
(でも実際は朦朧とした時、もしかしたら脳梗塞?と思ったらしい)

ホッとしたじいばあは診察後、病院レストランでランチして帰って来ました。
大学病院まで遠いけど、やっぱり主治医先生に診てもらうとすごく安心しました。

一番心配してた肺炎でなかったことでホッとしたのか病院から帰って来たら、風邪の症状もぐっと良くなりました。

そんな訳で今週は私は思いがけず6連休、同僚の皆さんのおかげでゆっくり養生することが出来ました。

お嫁ちゃんの出産までは何がなんでも倒れられないと思っていたのにちょっぴり情けないけど、お産の時にダウンするよりはまだよかったかなとも思います。

さあ明日からは又通常運転です。



スポンサーサイト

ワーキングばぁの一日♪

お嫁ちゃんが切迫早産で入院してからもうすぐ二ヶ月になります。
残暑厳しかった夏から、あっという間に秋に。

Y君は最近は平日は我が家で寝て、土日のみ自宅へ帰るという日々です。
パパ(息子)はたいていY君が寝る前後に我が家に帰ってきて夕飯食べ、Y君が寝た後自宅へと帰って行きます。(徒歩5分ほどです)
あなたもうちに泊まれば?と言うのですがゴミだしや郵便物の確認もありで夜帰って、朝うちに来るという平日です。

私が仕事の日の平日は、Y君の朝ごはんを用意し、食べさせながら洗濯、お弁当作り、ゴミだし準備などを済ませ、六時半頃うちに来る息子にY君のお世話をバトンタッチし、私は7時前にうちを出ます。
そのあと息子とY君は保育園、会社へ。

夕方四時半頃帰って来る私は、まず夕飯準備してから少しお茶飲みながらゆっくりしたあと五時半過ぎに保育園のお迎えへ。

最近お迎え後は大好きな電車を見るため駅に行くのが日課になっており、保育園出たあと必ずえきーと言い自宅とは逆方向の駅へと向かうY君です。

駅横にあるベンチや線路沿いの駐輪場あたりから様々な電車を飽きもせず眺めています。
寒いからそろそろ帰ろうか?と言う私の誘いにはなかなか応じてはくれませんが、笑
それでも少しづつ聞き分けも良くなってきて昨日あたりは割りと早めに帰って来ました。
それでも保育園出てから一時間近くは経ってるのですが😃

駅周辺をぐるっと回り、途中にある神社ではママと赤ちゃんが無事退院出来ます様にと小さい手を合わせてお願いするのも日課になりました。
それで自宅近くまで来ると飛行機が2機ちょうど頭の上を飛んでいます。
それも見えなくなるまで見送り、それでやっと自宅到着となります。

保育園でたっぷりお昼寝してるのでこれぐらいのお散歩するほうが彼のエネルギー消費にもつながり、いいのかなとノンビリ付き合っています。

帰宅後は少しオヤツ食べた後、直ぐに夕飯です。
モリモリよく食べます。
そのあとはお決まりのおさるのジョージを観て、お風呂へ。
そして嫌がる歯磨きをし、お布団へ。
それまでにパパが帰ってくれば寝かしつけはパパがやります。
やはり寝るまでにパパが帰って来ると安心するのかとっても嬉しそうにします。

Y君寝かしつけながら、私も寝てしまうことも多々あります。

この間、ここのとこ何にもしなくなったパパ(ジイ)に少しキレたら
(ま、病気以来家事は殆ど免除扱いしてたのだけど、それにしても少しは空気読みなさいよ、私の大変さ少しはわかりなさいよとちょっとキレたのでした)
それ以降夕飯後片付けやお風呂掃除、麦茶沸かしなどやってくれる様になりました。
(これぐらいならリハビリになって良いでしょと鬼嫁です)

これが今日みたいに平日私の仕事が休みの日はかなり楽で朝もゆっくりY君の相手もしてあげられます。
夕飯もゆっくり準備出来るしね。

今日は午後から私と娘とでお嫁ちゃんのお見舞い行ってこようかなと予定しています。
土曜日のY君運動会の様子などを話して来ようかなと😃

これがワーキングばぁの一日です。
家族のために働き、動ける事はありがたいことです。

が、先ほどゆうままさんへのコメントにも書きましたが今は可愛く私を必要としてくれている孫もあっという間に大きくなり、寄りつかなくなる日も来るでしょう。
そんな時にあんなにお世話したのに、寂しいわぁ、なんて言う自分にはなりたくありません。

今は家族のために動ける事が楽しいけれど、将来その時々の状況で楽しみ見つけながらイキイキ暮らしていける自分でありたいなぁと思います。

診察デー。

今日はパパの月一の診察日でした。

実はここ数日風邪の症状がありました。
多分娘の風邪をもらったのだと思いますが喉痛、咳、そして少し発熱もありましたが解熱剤で熱は早々に下がったのですが咳はまだ残っています。

血液検査で何か引っ掛かるだろうねとは予想してました。
やはり炎症反応が少し高めに出てましたが思ったほどではなくホッ。
白血球や血小板、免疫系の値はまだ低いのですが先月から比べて少しアップしている物もあり、これと言った指摘事項もなく、咳止め、痰切り、それに抗生剤も処方してもらって帰宅となりました。

8月末に発熱で緊急入院した時とは違って、先生も慌てる様子もないのは、少しづつではあるけれど血球も体力もアップしてきているからだと思います。
(あの時は見るからに大丈夫じゃなかったもんね‼️)

調子乗って帰りにランチして、買い物がてら途中下車したりしたものだから、(ちょっと動き過ぎた?)下痢になり、パパはやっぱりまだダメだなぁとちょっと落ち込んでましたが自家移植後まだ半年経ってないのだから仕方ないよ、でもまだまだ油断しちゃダメって事だね、だけどパパ歩く速度もかなり早くなったし息切れしなくなったねと励ましました。

見た目はすっかり元気になったようですが数年単位での復活と思わなければですね。

さて夕飯準備してパワフルY君のお迎え行ってきます♪

結婚記念日♪

明日は33回目の結婚記念日。

パパが病気になってからは三回目の結婚記念日。

昨年は初発寛解のあと、初めての旅行で神戸大阪方面へ行きました。
結婚式挙げた神社や私達夫婦の始まりの場所である街を訪れたり、当時大阪に居た息子家族のマンションに泊めてもらいY君の保育園運動会にも行きました。

パパもやっと少し元気になってきたね~と嬉しい旅行でした。

まさかその後再発するとは思ってもいませんでした。
(正確には、再発は想定していたけどもっと後だと思ってた)

今後もどうなるかはわからないけど、だからこそ楽しい事は楽しめるうちにやってしまおうと言う思いも強くなってきました。

日曜日は先週台風で行けなかった公園にY君連れて行ってきました。
今回も助っ人次男を呼びました。
(お誘いラインにいいよーと直ぐ返事くれ、誘っといてなんですが、やっぱり彼女いないのかもね、って失礼な面々です)

暑い一日でしたがミニ動物園や園内を走り回りました。
その後はママの病院へ。

パパ(息子)がママと面会してる間、コンビニ休憩室や工事現場のクレーン車見たりお散歩したり走ったり、
二歳児一人に大人四人での対応でした☺️
(助っ人来るとホント楽だわぁ)

嬉しい事も心配事も色々色々色々い~っぱいあるけれど無事33回目の結婚記念日迎えられることは素直に嬉しいです。

さて明日のご飯どうしようかね~。



父、母ありがとう♪

◯◯(私)へ

Mちゃんも早く元気になってほしいですね。
(無事出産になってほしいねの意)

◯◯さん(パパ)もいつも元気になるように祈っております。

Y君も3才になりますね、大変でしょうが情が移ってかわいいでしょうね。

私達も◯◯(私)達に心配かけないように頑張っています。

鮎はもう一度焼いて下さい。

何もしてあげられなくて心苦しいです。
心配をかけないようにすることでこらえて下さい。



おととい届いた宅急便の中に入っていた母からの手紙です。


昨年だったか息子家族と私の両親との一泊旅行の際に父が息子夫婦に
「じいちゃんが釣った鮎を送ってあげる」
と言っていた約束を見事果たしてくれました。

父が釣った大小様々な20尾ほどの天然鮎を母が素焼きにしてくれたものをスダチと共に送ってくれたのです。
(薄情孫の長男は、え‼️そんな事言ってたっけ?とか言ってましたが)

鮎の上には南天の葉っぱが置かれていました。
温めなおしてスダチを絞って食べたら臭みもなくとても美味しかったです。

他にもさつまいもや田舎のお餅に味噌、頂き物のコーヒーや洗剤なども。



兄達と違って小さい頃から手も掛からず良い子だった私がパパの病気や今はY君のお世話など大変なのに、何にもしてあげられないのが申し訳ないといつも言います。

いやいやお父ちゃんお母ちゃん、私 もうかなりいい歳のオバサンですよ、高齢の親に何かしてもらおうなどとこれっぽっちも思っていません。
それより逆です。
離れてるばかりにこっちこそ何にもしてあげられなくて心苦しいんよ。

綺麗に箱に詰められた鮎見て切なくなる秋です。
(あ~Mちゃんに食べさせたかったなぁ)


米寿の父と82歳の母と86歳の姑、そして天国の舅に支えられて私のパステルカラーは保たれています。
プロフィール

hanamodangomo

Author:hanamodangomo
50代パート主婦です♪
楽しい毎日を過ごして行きたいなぁと思ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR