頑張れ、私♪

本日私の50うん回目の誕生日です。

私の誕生日と言うことはそうです舅ジィジの祥月命日でもあります。

7年前入院してたジィジの意識が無くなり二日目、まさかおじいちゃん今日じゃないよね、今日一日とにかく頑張っての願いも届かず、見事?私の誕生日に亡くなったのでした。
それ以来、私の誕生日=ジィジの命日となりました。

これも何かの意味があるのね~とは姑バァバ。
確かに、忘れっぽい私でも絶対ジィジの命日忘れないというジィジの狙い通り?となりました。

今朝は半分お供え、半分自分へのお祝いとして又田舎風ちらし寿司作り、パパへの差し入れ用もタッパーに詰めて、まずはジィジのお墓参りへ。
お墓を綺麗に掃除し、パパの事を又々お願いしてしまいました。
ジィジ、よろしくね。

その足で姑にちらし寿司届け、又電車に乗り、パパの病院へ。
パパはおかげさまで今週初めに無事幹細胞も採取出来、あとはGW明けの移植に向けての治療を待つのみとなり明日一旦退院となります。
前回必要量の半分採れてたとは言え、今回採れなかったらどうするんだろう?と仕事してても心配でしたが採れやすくなる強めの注射をしたとかで何とかクリア出来た次第です。

今日はCTや心エコーなど移植に向けての検査を余裕のよっちゃんでこなしていました。
(広い院内を歩く歩く)

パパが来月から行う移植治療を一足先に終えられ一般病棟に戻って来られた患者さん(女性の方)が居るのですが先日パパから話しかけ色々教えてもらったそうです。

その方がその病棟見学させてもらえますよと言ってくれたらしく、それを看護士さんに伝えたらトントンと話を進めてくれ、今日私が居る間にその枠を取って下さいました。

クリーンルームや無菌室があるその病棟階はやはり独特な雰囲気でしたが案内してくれた主任看護士さんがとても明るく気さくでパパや私の質問に優しく丁寧に答えてくれ又私達夫婦の不安な気持ちにとても寄り添ってくれたおかげでかなり気持ちが上向きになりました。
今の一般病棟の看護士さんもみんな優しくて頼りになるのですがとにかく皆さんお若い、ほぼ我が子達と同年代でついつい親目線になってしまいます。

一方今日の主任看護士さんは勿論パパや私よりは若いのですが何と言いますか、体型と言い見た目もお茶目でパパ曰く
「北斗晶さんみたい」
でこの方なら大丈夫っていうものすごい安心感がありました。

私にも
「奥さん、何か不安に思う事があったら何でも話して下さいね、遠慮する事ありませんからね、一緒に頑張りましょうね」
と力強く言ってくれました。

この後、心エコーで外来棟に行ったら、たまたまこの北斗さんが居て、向こうのほうから大きく手を振ってくれました。

実際は無菌室を見て、その閉塞感に私のほうが息がつまりそうだったし、パパは無菌室ではほぼ病院食しか食べられないと聞いて(これがパパ的には一番の問題らしい)二人とも少し凹んでたのだけど、北斗さんの力強さに救われ、何とかなるかな、うんきっと大丈夫とまで思えました。

夕方うちに戻って来たら、娘が私の大好きなお店のケーキを買ってきてくれてました。
無印のお香セットもプレゼントしてもらい、朝一番にはお嫁ちゃんから家族ラインでおめでとうのメッセージ、その後男性陣からもラインもらい、朝から自分以外の事で動いてた一日だったけど、病院では逞しい方との出逢いもありで忘れられない誕生日になりました。

さあ頑張れ、私🎵

明日は仕事の私に代わり、娘がパパの退院のお迎え行ってくれます。
来週一週間、パパがうちでノンビリ過ごした後はいよいよお兄ちゃん一家が引っ越して来ます。

全員集合でパパを治しに掛かります‼️
頑張り甲斐があり過ぎるぅ🎵
スポンサーサイト

新緑の夕刻をバア二人で♪

昨日は仕事でこちらに来ていたお嫁ちゃんのお母様とお互いの仕事終わりに我が家の最寄り駅で待ち合わせし、夕飯を共にしました。

予約してたお店の時間までかなりあったので先に新緑で気持ち良い中を5月からY君が通う保育園や三人の新居となるマンションなどをお散歩がてら案内しました。

駅の駐輪場の値段や、近くのスーパーなどもチェックし(バア目線)、それでもまだ時間があったので少し我が家にも寄ってもらい、時間潰ししました。

近所のイタリアンのお店では頼んだ料理を半分こしながら又々色々お喋り🎵

パパの今後の事や息子家族の事、それぞれの姑の事などを気を遣わずざっくばらんに話せる嫁ママさんの存在は私にはとても有り難くて、そのあたりの事を今日病院でパパにも報告して来ました。

私達の前に会計してた方に時間が掛かり、嫁ママさんが乗る予定の電車時間ギリギリで駅まで猛ダッシュの爆走オバサン二人。
きっと周りの人は何事だぁと思ったでしょうね。

無事電車乗れたとのメールにホッとしました。
きっとこれからは頻繁にこちらに来てくれるかなと私はとっても楽しみにしてます🎵

さてパパは火曜日から二泊三日で一時帰宅してました。
昨日私が嫁ママさんと待ち合わせした直前に病院へと戻って行ったのですが、パパも一緒にご飯食べてから病院帰る?
と聞いたら
いやいや、せっかくなんだからバアサン二人でゆっくりお話しなさいと。

そのパパのお相手はサークル終わりの娘がしてくれました。
病院近くで待ち合わせし、どこかで夕飯予定がこれといって入りたいお店がなく結局院内のレストランへ行ったそうです。
そしてパパを病室まで送り届けてから帰って来てくれました。

エミリーさん、ありがとう😃

今日のパパは移植に向けての検査で歯科受診や主治医から先日撮ったMRIの説明、今後の予定など、丁度私も居たので全て一緒に行きました。

(もちろん大丈夫だからこそやるのだけど、ついつい心配で)
主治医に
「先生、主人の年齢でこの治療(大量科学療法、自家移植)は大丈夫なんでしょうか?」
と聞いてしまいました。

主治医は
「もちろんです」
と即答してくれました。

パパ、大変だけどとにかく頑張って、みんなついてるからね‼️
と思いながら今日も爽やかな新緑の中、帰って来ました。

昨日今日と眩しいぐらいの新緑にみなぎるパワーもらった私です。

さぁ今夜はエミリーさんもバイトで居ないしノンビリしようっと思ってたら、アララお兄ちゃん今夜からうちに来るんだって‼️
ご飯用意しなきゃだわ🎵

リフレッシュ♪

今日は予定通り、娘と気分転換してきました。

と言ってもパパの病院が常に見える範囲の東京名所をブラブラしただけですが。

都会にある神社では御朱印も貰って来ました。
何とジャニーズのあるお方のロケ?にも遭遇しましたよ。
テレビで見るよりかっこ良かったわぁ✨
さすがジャニーズ🎵

あいにくの強風の中の散策でしたがパパの病院を右に見たり左に見たり、上から見たりしながらよく歩きました。

そして最後はもちろんパパのとこへも。

リクエストの田舎風ちらし寿司、頑張って今朝作りました。
(さっきメールで完食したよーと報告あり)

パパは今日は例のカルチノイドの経過を見るための胃カメラ検査でした。
昼過ぎに終わったそうで麻酔が切れるまで爆睡だったようです。
カルチノイドは前と変わらずでとりあえずこのまま経過観察のようです、ホッ。

私達がちょうど病室着いた時は新年度からパパの病棟担当になった女医さんから今後の事を説明してもらってる最中で私も一緒に聞きました。

予定では再来週あたりにもう一度幹細胞採取を行ない、うまくいけばゴールデンウィークのあたりは一時退院し、連休明けに最終的な治療に入るとの事でした。

再来週までには一時外泊もありそうです。
今は至って元気なので本人も少し外の空気を吸いたいようです。
ゴールデンウィークはY君とも触れ合えるし良かったね😃

そして会社は、まぁ夏まではどうにか居られそうです。
(但し夏までに戻れても、その後の契約はどうなるかはわからないそう)

無理のない程度で残れるならいいけど、以前と同じ様な勤務体制で疲れるなら、本当にその時は踏ん切りつけようねと確認してきました。

それもこれも今後の治療をしてみないと始まりません。

今はとにかく最終段階の治療を無事に終えられる事に集中していかなければです。

先日の女二人組の不穏な空気を心配してたパパ(ま、よくある事なので真剣に心配はしてませんけどね)
今日の女二人組リフレッシュお散歩の話を嬉しそうに聞いてくれました。

病人に心配させちゃいけませんね😃

そしてパパ以上に気に掛けてくれたお嫁ちゃんMちゃん、ありがとう🎵

パパを支える気持ちはみんないっぱい持ってるんだけど、それ故時々爆発しそうにもなるんだよね。

今日みたいに少し気分転換しながら、支える側の心にも優しさあげなきゃね🎵

又明日から頑張ろう。

やっぱりね、引き寄せられた~♪

パパが病気になるずっと前から、その生き方が好きだった友人が二人居ます。

そういう生き方もあるんだね、楽しそう🎵
と思いながらも、じゃ自分もそう出来るか?と言われれば出来ないだろうなぁとも思ってました。

何故かって、私は常にきれいで安全なレールをパパが用意してくれていて脱線する心配もなくノンビリ鈍行列車のごとく、派手さはないけど着実に人生の一駅一駅をゴール目指しながら行くものだと思っていたからです。

一人は信州時代に息子達を通して知り合った博子さん。
私よりも8つぐらい年上の男の子三人のママさんです。
彼女は生保勤務のご主人について全国各地を転勤し続けていました。
その赴任地の一ヶ所で私は出会ったのです。
我が家が信州からこちらに戻って来た間にも博子さん一家は三ヶ所も転勤していました。
しばらくは年賀状だけで繋がっていました。
ご主人の現役最後の赴任地が茨城でその頃にはお互い携帯電話でのメールをし合う様になっていましたから、一年に一、二度お互いの家や中間地点で会ったりが始まり今でもしています。
年下の私とも年など関係なく付き合ってくれ飾らない優しい人柄が大好きです。
その博子さんのご主人はそれこそ今のうちのパパよりも早く60歳で仕事辞める宣言。
都内にマンションを持っておられますがそこは独身のご長男さんが住んでおり、社宅扱いだったマンションは出なければならず、まだ下の息子さんが学生だった事もあり茨城離れる訳にもいかずと既に社会人だった次男さんにローン組んでもらい中古のマンションを買われました。
次男さんに毎月家賃としてお金を渡し、ご主人のバイトと博子さんのパート代で生活してました。
途中次男さん結婚、転勤で勤務地が遠くなったためうちを出られ、夫婦と三男で暮らしていましたがその後次男さんが又転勤で戻り、そのマンションに入ることに。
博子さん夫婦と三男は近くにアパート借り、そちらに移動。

その間博子さんのパート先が閉店となり60過ぎてからのパート探し。
三男さんの難病も経験されました。

いつ会って話しても話題満載で聞いてるほうはジェットコースターにでも乗ってるかの様な忙しさでした。
そう安全な鈍行列車の私とはまるで違ってました。

お金無いのよ~と言いながら話すそのジェットコースターぶりは何でか?
悲壮感はなく逆にイキイキ楽しそうなのです。
昨年秋、私がY君の運動会行ってる時だったか綺麗な夜景のラインが送られて来たかと思ったら
「お金無いんだけど今香港来てまーす」
とか
一時は韓流スターにハマり、茨城から横浜までコンサートに行ったり、韓国も行ったり。

色々悩みもあるんだけどね、お金も無いんだけどね、何かもう楽しまなきゃって思うのよ🎵って。

今はお互い孫自慢?
それぞれの孫の写真見せ合っては、可愛いね~ってババ馬鹿してます。

もう一人の友人は時々このブログにも出てくるお気楽Mちゃん。
こちらは娘の幼稚園で知り合ったママさんです。
飲ん兵衛で陽気な引きこもり主婦です。
いつも感動的な場面で私を泣かせてくれない人です。
(最近では成人式)
そのMちゃんから丁度一年ほど前でしょうか?
突然、引っ越しました、新しい住所だよとラインがあったのでした。
うちの直ぐ近所に住んでてその2ヶ月ほど前に日付け変わるまで飲んだのに、引っ越すなんて聞いてないよ~‼️
何で?
って聞いてもとにかく新居に来い、じゃなきゃ教えないと思わせぶりな答え。
マンション売って一軒家買った?
まさか離婚?
とドキドキしながら行ってみると

ちょっと冗談半分でこのうち(マンション)どんぐらいで売れるかね~?って査定してもらったんよ、そしたらトントンと売れたんよ‼️
ここ(賃貸の新築一軒家)ええやろ?
家電も買い替えたよ、ええやろ?

こちらの旦那様も根なし草みたいな人で既に何度転職した?ってお方。
離婚か?と心配してた娘とパパに私は即メールで離婚じゃなかったと報告しました。

今回パパと今後の話をしたとき出てきたのはパパも勿論よく知ってるこの二軒のうちの事でした。

パパも私と同じように博子さん家、Mちゃん家の縛られない生き方には好意は持ってました。
ただそれは私と同じく、自分達はなかなか真似出来ないけど楽しそうだなぁぐらいなものでした。

長年の夫婦としての価値観がいつの間にか似て来た私達は私の基本でもある、成るようになるはある程度の準備をした上で言うことで生活が成り立っていました。

その考えに変わりは無いし、そういう生活してきたからこそ、パパ会社辞めてもいいんじゃない?って言えるのだけど、

今後は今まで真似したくてもしなかった博子さん家、Mちゃん家の様な人生楽しむ生き方にやっと踏み出せそうな気がしてます。

負け惜しみの様に聞こえるかもしれませんし、もしかしたら本当はそうなのかもしれません。
確かに金銭的には今までより大変かもだけど、それは色々策を練ればくぐり抜けられます。
人生楽しむに一番必要なのは、お金よりも健康と気持ちが一番。

いつも楽しそうだなぁとこちらまでほのぼのしてた二人の友人。
やっぱり引き寄せられた~🎵


(痩せ我慢してない?ってご心配して下さってる方々へ)
無理やりそう思おうとしてるところは一切ありません‼️
とは正直言えません。
だけどそれ以上に今後は少し羽目を外しながらでも楽しもうねって思いをパパと共有出来る事は心底嬉しく有難いと感じています。
だから心配しないでね。


さて明日はお天気次第ですが娘と気晴らししてきます🎵




第二幕は面白くなりそうです♪

私達夫婦の結婚生活第二幕はハラハラドキドキなスタートとなりました。

当初の予定では今週、幹細胞採取、来週から大量化学療法、自家移植と進むはずでした。

ところがどっこい、思う様に幹細胞が採取出来ず、仕切り直しとなってしまいました。
太もものつけ根からのカテーテルで二日間、採取を行ったパパ。
リクライニングシートに座って高校野球観ながらだったそうですが思った以上に疲れたと。
抗がん剤より疲れたそうです。

その疲れの上に、必要量が採れなかったとの報告に昨夜ガックリ。
すぐ又採取とはいかず(ある程度期間を置くそう)心配になってきたのが当初より退院が延びること。
(もしかしたら来週あたり一時退院になるかもですがすぐ再入院になる予定)
こうなると心配になるのが会社のこと。
60歳過ぎてからは雇用の契約が変わっており、現役時代の制度は通用しなくなってます。

昨夜、病院のホールで主治医の説明受けたあと二人で色々話し合いました。

会社辞めなきゃかもね。

そうなったらどうする?

失業保険、企業年金、今夏から貰える年金(まだ満額ではないけど)、あと私の収入で生活は大丈夫だね。

失業保険終わったら、バイトするよ。

娘の学費はキープ出来てるから、これも大丈夫だね。

マンションどうする?
まだローンあるしね。
Y君達せっかく近くに来るしね。

正直このマンション問題が一番難しい。

若い人達の意見も聞きたいと長男夫婦、次男、娘にも正直に報告。

パパと私は昨夜沢山沢山話をして、ある程度の方向性は決めてました。

何と言っても最優先は治療して元気になること。
これについては主治医にもしつこいぐらい質問した上での判断。
会社辞めなきゃなら、それなりに生活見直していこう。
そのためにはマンション売却も視野に入れよう。

長男夫婦からは、さすが経済や今の世の中よく解ってる、とても頼りになるラインが届きました。
引っ越し準備や仕事引き継ぎで忙しい中、丁寧な内容のお嫁ちゃんからのライン、今日パパに見せたら、さすがだねととても嬉しそうに読んでました。

今日もゆっくりじっくり話して来ましたが、とりあえず治療に専念しながらも、会社辞める方向で考えていったほうが良いのでは?の思いがパパも私も更に強くなりました。

今後の自分達の生活を考えた場合、一番大切なのは健康でいること。
会社(収入)にしがみついて、今の生活キープしたところで満員電車での通勤、仕事の責任などで又体調崩したら、何にもならない。

まずは今回の治療を乗り越えて、その後はひたすら気楽に楽しく生活したい。

病気になってなかったとしても、もう子供達も十分大きくなったのだから、自分達の楽しみを優先させよう、40年以上働いたんだから、もう十分でしょう、誰も文句なんか言わないよ。

そしてそんな感情は無いだろうと確信はあったけど、念のため最後にパパに聞いてみました。

パパ、こういう形で会社辞めるかも?ってなったら、みじめだなぁとか、負けたなぁとか思ったりしないよね?

即答でした‼️
全然って😃

こういうところ似たもの夫婦です。

新たな局面を楽しもうとするところが唯一子供達に自慢出来るところかもしれません。




(人っていくつになっても学習し、成長していくものなのでしょうね~な話🎵)

パパは今回の幹細胞採取で透析する人の大変さが少しわかったそうです。
(仕組みが似てるそうで)
透析に苦しんでいた私の亡き兄へと思いを巡らせてくれました、ありがとう♪
しんどい思い、辛い治療は現実主義のパパの心のやわらかさアップに繋がっています。


そして色々感情をぶつけまくった女二人組。
お互い思う事はそれぞれあるけれど、ぶつかりあえるってある意味、幸せな事だなぁって母は思いました。
母として娘として又ひとつ成長した今日だったね♪
(私達のやり取りを隣のテーブルでお弁当食べながら聞いてた私よりも年上な看護助手さん、ご自分の経験を交えながら、さりげなく優しく、母娘両方をフォローして下さり、ありがとうございました。)



プロフィール

hanamodangomo

Author:hanamodangomo
50代パート主婦です♪
楽しい毎日を過ごして行きたいなぁと思ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR